物語の3つある中のどれに進もうかなどの話をします

主人公たちは、そこから、どう進むかを、メンバー内で、話し合います。先の分からない状態から、3つの選択肢があってそこから、選べるのが、一つとするのなら、どれを選ぶべきなのだろうかと言う意見もあり、それって参考にするものが、何もないから、決めるの難しいよねなどの意見もあります。せめてなにか一つでも、それに対し、ヒントに、なるような手掛かりが、あるのなら、少なくとも今よりは、選びやすいはずなんだけどな、という意見もあります。ひとつを選び、ほかのふたつを、知らないから、それらのひとつを、選んでも、比較は出来ないなどの意見もあります。どれも、ひょうしぬけした意見などではなく、まともな意見であると思います。メンバーのうちの一人が、ほかのもうひとりのメンバーに、お前が選んでみるのは、どうだと聞くのですが、それに対し任せておきながら、変な結果とか、だったとしても、文句言わないでね、などの会話もあります。そのメンバーが、左の道に進むことに、決めます。ミュゼ ハイジニーナ