久々にのほほんと喜ばしいOFFを過ごしました

家の近くにある混合運動公園で地域振興のことが行われ、各種生まれ故郷からの屋台も加わるという事だったのでまだまだ行ってみました。横浜のカレー屋氏、東北からはカキやホタテの海辺焼きの屋台と牛タンと部分鳥のスモークの屋台、一層山形の芋煮の屋台も出ていました。マキシマム長い行列を作っていたのは横手焼きそばの屋台でした。こちらとダディーはとりあえずビールを購入してそれを片手に凡そぐるっと一周した次カキとホタテの海辺焼きを買い近くの長椅子で採り入れることにしました。こちらはカキもホタテも好きなのですが、ホタテは何といっても生で取るのが一番で火を通したものは普段は断じて食べません。ところが屋台で売っていたホタテはだいぶおっきいので焼いてあっても中頃はちょっと稀少状態になっていて至極美味しかっただ。最近野外で飲食をしたことなんてなかったのでそんな雰囲気も手伝ってビールが美味しいこと美味しいこと。帰りにミッドナイト家で取るように牛タンと部分鳥のスモークを買って帰りました。そちらも冷めても何とも美味しかっただ。キレイモ 値段

お掃除アイテムを用意することから・さっぱり

掃除は日常的なこと、掃除の方法ということで考えれば、基本はキッチンや床掃除のアイテムを用意からですね。
面積が大きいのはリビングやキッチンの床面、掃除機もありますが現代は便利な掃除アイテムもあり、フローリングワイパーは一般品。

フローリングでホコリが気になった時もさっとお掃除、ワイパーに付けた状態で使うのが通常ですがシートのみで書棚や家具、テレビの拭き掃除にも使用します。
掃除機より便利ですから一週間の内で床掃除を4回など小まめに、さっぱりの室内が保てます。

ほかの箇所ではキッチンや水周り、流しは連日使うので一日分をクリアと考え夕食の片づけ時間にスポンジと洗剤で掃除します。
排水溝は料理の頻度によりますが、自炊スタイルは一週間に一回か5日に一回の掃除がベストです。

キッチンの専用洗剤や、お鍋を洗う時に使用する昔ながらのクレンザーでもさっぱり、綺麗になります。
時間がある時はお掃除を習慣にするとよい運動でもあります。http://www.foosquare.com/